ノベルティグッズを作成する時の注意点

企業や商品の宣伝にノベルティを配ることはよくありますが、何でもいいから配ればいいというわけではありません。

しっかり情報を収集してデータをとり、計画的に配ることが大事です。学生が多く通る道路で、キッチングッズを配っても効果はないですが、主婦が多く通る道路でキッチングッズを配れば、宣伝効果はより高くなります。どのエリアのどの時間帯に、どんな人が通るのかを事前にリサーチすることが重要です。ノベルティグッズに、商品名や企業名を入れる場合は、その大きさにも注意しなければいけません。

外で使うような物に大きな商品名や企業名を入れてしまうと、恥かしくて使えないので、結局持ち歩くことがなくなり、宣伝の効果は薄れてしまいます。どこで使うグッズなのかをしっかり考えて、商品名や企業名を入れると効果的です。季節によってもどんなノベルティグッズを作るかが変わってきます。夏ならば扇子やうちわなどで、冬ならばカイロや手袋といった物を作るといいでしょう。

ノベルティグッズを依頼する会社を探す場合は、過去の実績などを参考にすることが大事です。過去に納期を守らないなどのトラブルが多い会社は避けた方がいいでしょう。担当者とコミュニケーションをとることも大事です。コミュニケーションをしっかりとっていれば、仕上がりがイメージしていた物と違うなどのトラブルが起きることはありません。契約する前は、必ず細かい見積もりを出してもらうことも大事です。どんな時に追加料金が発生するのかも確認しておくと、あとでトラブルに巻き込まれることがなくなります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *