ノベルティによっては在庫を見すえた発注を

ノベルティを準備するにあたり、どれくらいの数量を用意するかは担当者も悩みどころかと思います。

一般的には、多く用意しすぎて在庫をかかえてしまうのは良くないというイメージがあるかもしれません。しかしながら、効果的にグッズを発注するためには、残ってしまうことを前提に注文するほうが良い場合があります。それにより、費用面でもメリットがありますし、顧客に喜ばれるグッズ選びが出来ることにつながっていきます。なぜ在庫を見すえたノベルティグッズ選びが良いかといえば、「単価を低くおさえる」ことが出来るからです。

販促品の通販店などをチェックしたことのある方なら、発注数が比較的大ロットであることを知っている人も多いかと思います。そして発注数が多くなればなるほど、1個当たりの単価はお得になることが多いです。大量に用意してしまうと予定どおりに配布することは難しいのでは、と考えるかもしれませんが、なるべく多くの顧客に配布したいならそれだけの個数は確保しておくと安心ですし、一度限りではなく継続して配れるものを選定しておけば、在庫が出ても問題はありません。

したがって、在庫が残ることを想定したアイテム選びは食品などは当然不向きです。季節性の強いものや流行に左右されるものも避けて、定番で日常使い出来るような実用的グッズを選ぶことが重要となります。そのように中長期的な配布を前提としたノベルティの場合は、在庫分も想定して計画することで単価を抑えられ、効率的発注が可能だと言えるでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *