ノベルティは貰うと嬉しいをイメージして選ぶ

ノベルティを配布する機会が多い、このように考える人も多いかと思われますが、ノベルティを配布する目的は様々であると同時に配布の仕方そのものも色々なやり方があります。

営業トークを行いながら手渡す方法は一般的なやり方ですが、中にはご自由にお持ち帰りくださいといったメッセージをプレートに書いて、お客さんに自由に持ち帰って貰うやり方もあります。ここで重要なことは直接手渡すときには相手の顔を見ているので、どのような属性の人に渡したのかを記憶することができますが、自由に持ち帰って貰うやり方は面識そのものがないので属性などに関係なく配布をしているなどの違いがある点です。

自由に持ち帰ることができるノベルティといっても、人が欲しいと思うものを選ばなければそのままの状態になってしまい、本来の目的を達成することができません。この場合は、貰うと嬉しいと感じるものを用意することで持ち帰る人の数を増やすことができます。

例えば、お店などが集客の目的で配布するのであれば宣伝用チラシをポケットティッシュのビニールに差し込み、さらに割引券を添えるなどで持ち帰る人の数を増やすことができます。ノベルティは無料で配布するグッズやモノなどであり直接利益に結び付くものではありません。そのため費用対効果を考えるケースが多いわけですが、配布したグッズなどで効果を期待するためのものですから、ノベルティを選ぶときには貰うと嬉しい、このようなイメージを作ることが大切です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *