中小企業に最適なノベルティの活用法

年間売り上げが数億円程度の中小企業では、広告宣伝用の予算が十分に確保できないという問題があります。

しかし特定の顧客にターゲットを絞ってノベルティを配布すると、低予算でも効率的な販促活動が行えます。特に個人客がメインの中小企業は、生活用品をノベルティとして活用することが多いです。洗剤やシャンプーなどのパッケージに名入れをするのが、商品のセールスに直結したPRを行うための基本です。各種名入れを行っているノベルティの販売会社に相談すると、用途に合わせて最適なアイテムを紹介してもらえます。

しかし機械や各種設備を販売している企業は、取引先を訪問するときに最適なノベルティ選びで迷うことが多いのが実情です。オフィス用品であれば誰からも喜ばれるので、特に飛び込み営業で会社訪問をする場合にも手ごろです。企業のロゴや製品名の入ったボールペンを箱単位で配ると、新規取引先の開拓もスムーズに行えます。

一方で常日頃から取引がある会社にセールスのために訪れるときには、ワンランク上の商品を選ぶのが理想的です。特に名刺代わりにノベルティを活用したいと考える営業マンは、お菓子の詰め合わせを選ぶことが多いです。そして商品の選定で迷っている場合には、販売会社のサイトのランキング情報を活用するべきです。売れ筋商品は納品も迅速であり、イベントに向けて緊急に販促用のアイテムを調達したい場合にも最適です。単価が安い文具類であれば、中小企業の営業担当者も気軽に発注できます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *