ノベルティで知名度アップ

ノベルティという言葉をよく聞きますが、ノベルティと景品との違いをよく分かっていない人も多いはずです。

ノベルティとは企業が商品の宣伝を目的として、それらの名称や会社名等を入れて無料配布する記念品のことです。なので、ゴルフのコンペやパーティで配る景品とは異なります。商品名や会社名を入れることで、ノベルティには広告の意味があり、よくあるのは、ボールペンやストラップに社名をいれて、企業や商品の知名度やイメージを高め、集客効果を期待したりします。

企業が企画するイベントや、様々な企業が集まるなんとかフェアのようなイベントに行くと、ボールペンやメモ帳、ティッシュなどそれぞれの社名の入ったグッズを貰うことがあります。日常使えるものを配ることで、使うたびに社名が目に入る、他の人にも見てもらえる可能性があるなどチラシを配るよりも効果があると考えてのことです。

毎日そのモノを見てもらうことで、社名の認知度があがり身近にも感じてもらえるというよい宣伝効果があるのが、ノベルティなのです。既製のものに社名をいれるだけのものもありますし、ゼロから商品を開発する場合もあります。そういう場合限定品で入手困難になることもあり、一部の人たちに人気がでたり、プレミアムが付いてネットのオークションなどで高く売れたということもあるようです。有名ブランドのものなどは無料で配布するものでもかなりのクオリティのものを提供するなど、企業も社名や商品の認知度を上げるために試行錯誤しているようです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *