創業したばかりの企業のノベルティの戦略

システムエンジニアが独立してIT企業を立ち上げるケースが増えていますが、創立当初は取引先が少ないという問題を抱えています。

そして新規顧客開拓の糸口にするために、飛び込み営業時にノベルティを手渡すケースが多いです。取引先が少ない企業がノベルティを制作する場合には、小さなロットでも注文可能な会社を活用するべきです。また新規の取引につなげるためにノベルティを利用する場合には、実用性を重んじるのがポイントです。営業向けのオリジナルグッズを作成する場合には、販売会社からサンプルを事前に取り寄せて比較検討するべきです。

営業の最前線で活躍している社員の意見を尊重するのが、宣伝効果の高いオリジナルグッズを作る場合の基本です。単価が割高な商品であっても、オフィス内で使ってもらうことで将来的な受注につなげることは十分に可能です。取引先の企業に対してきめ細かい対応をすることが、設立して日が浅い企業がビジネスを拡大するための基本です。

1個から注文可能なノベルティであれば、取引先の企業に合ったアイテムも自由自在に選べます。ロゴなどのデータをホームページ上で入稿すると、少ない注文個数でもコストを最小限に抑えられます。ボールペンやティッシュペーパーのような消耗品は、どのような企業でも必ずオフィス内で使っています。事務的な作業行うときに必要な商品や生活用品を選ぶと、知名度のあまりない企業の営業も円滑に進めることができます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *