学生を対象としたノベルティグッズについて

多くに人に商品を買ってもらうには、その商品やサービス、そして企業のことを多くの人に知っていただく必要があります。

そのための方法としては、新聞や雑誌の広告やテレビコマーシャルなどが有名ですが、ノベルティも同じく広告手段として行われます。大勢の人にお渡しする品物に企業名やサービス名などをわかりやすく記載して配布することで、受け取った人々の目に知って欲しい情報を触れさせることができるからです。ノベルティグッズの種類は実に様々で、売り出したいサービスなどの内容に合わせて色々な物を採用することができます。

ただし、大勢の人に渡す以上、あまり重い物や大きい物は向きません。また、多くの人が不要だと思う物、使われることもなく破棄されてしまうような物も不向きです。そのため、比較的安い値段で用意できる、軽くて小さな日用品が選ばれることは多いです。塾や予備校等、学生を対象とした企業でノベルティグッズを使った広告活動をする場合、メモ帳やボールペンといった文房具等は適していると考えられます。

軽くて小さい上に企業名などを載せるスペースも十分にあり、学生の本分である勉強の際に使うことが多いからです。そういった文房具に企業名などの伝えたい情報を明記し、駅やショッピングモールなどといった学生の多い場所を選び、更には学生がよく使う時間帯を狙って大勢に配布すれば、ノベルティグッズを使った広告活動をより効果的に行うことができます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *