お菓子をノベルティとして選ぶ際のポイント

企業の販促活動の一環としてノベルティを配布する場合、どのようなアイテムを選択するのかは非常に重要です。

多くの企業がノベルティを配布するようになった昨今、選択できるアイテムの種類は幅広くなっていますが、お菓子を配布する企業も増えています。ノベルティとしてお菓子を配布するメリットは、幅広いターゲットに受け取ってもらいやすいことや、大量発注することで単価を抑えられることなどが挙げられますが、お菓子を使用する場合はいくつかのポイントを押さえておく必要があります。まず、押さえておきたいポイントの一つが、保存性に優れたものを選択するということです。

ボールペンやタオル、カレンダーなどのノベルティの定番アイテムとは異なり、お菓子には賞味期限がありますが、すぐに賞味期限を迎えてしまうようなものは避けた方が良いでしょう。賞味期限が短いものを選んでしまった場合、期限内に配布しきれない恐れがありますし、貰い手側にすぐに食べてしまわなければいけないというプレッシャーを与えることになります。したがって、お菓子をノベルティとして配布する場合は、賞味期限ができるたけ長いものを選択した方が無難です。

また、夏場に配布するのであれば、チョコレートやキャンディ-といった熱で溶けてしまうようなものは避けましょう。加えて、お煎餅やクッキーなど割れやすいものを選んだ場合は、運搬時や配布時に割れてしまわないように注意を払う必要があります。さらに、配布するお菓子を選ぶ際は、できるだけ万人受けするようなものを選ぶことが大切です。食べ物は比較的受け取ってもらいやすいアイテムですが、好き嫌いが分かれるようなものや、においが強いもの、奇抜なものを選んでしまうと受け取ってもらえない可能性が高くなるため注意しましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *