自動車関連に使えるラッピング広告は配送車両に行っておけば固定ルート内での広告閲覧者数を増やす効果に繋がります。自動車関連で広告を記す方法には塗装のやり方もありますが、塗装の場合には下地を傷つけてしまう恐れがある、施工に時間が必要などのデメリットがあるため配送車両には不向きなものと言えましょう。自動車関連へのラッピングの場合は、フィルムシートを車体に貼り付けるだけで済みますし、配送車両への広告を定期的に交換したい時にもスムーズに施工ができる利点を持ちます。毎日同じルートを回るような配送車両の場合、数台が施工のために出払ってしまうとローテーションが上手く行かなくなり、業務への支障をきたすこともありますが、ラッピングを使えば休みの時を狙って施工して貰えるため業務への支障をきたすこともなく、商品や企業のアピールに繋げることが可能です。

ラッピングのサイズなどに応じて費用は変わりますが、所有している車両の台数が多い場合でも、すべての車両に施工する費用は塗装と比べても安いため、少ない広告費で賄える魅力もあります。ちなみに、ラッピングは耐候性が高いと言われていますが、配送車両を保管する時などは塗装したものと同じように表面が傷み易くなります。そのため、車両を保管する場合には紫外線が当たらないような環境下で保管をしておくことが良いのです。また、機械洗車は極力避けて手洗い洗車で行えば3年などの耐久性を維持させることもできます。

自走式立体駐車場のことならこちら